mobirise

〇材料
カラメルソース
グラニュー糖 40 g
水 25 g

アパレイユ
牛乳 100g
生クリーム 200g(36%のものを使用)
バニラビーンズ 1 本
卵黄 80 g
全卵 110g
グラニュー糖 50 g 

〇調理手順
食材の下処理
1
バニラビーンズ
包丁で半分に割いて、牛乳と生クリームの中に入れます。
バニラビーンズを半分に割くとき、中に種が入っているので取ります。
鞘は香りが良いので液の中に入れます。前日から浸けておくと、なお良いです。

【解説】
バニラビーンズはプリン・アイスクリーム・クッキーなど、主にお菓子作りの際に、甘いバニラの香りをつける食材です。見た目も名前も紛らわしいですが豆類ではありません。マメ科植物でないコーヒーノキの種子を”コーヒー豆と呼ぶように、その形がさや豆に似ていることからビーンズと呼ばれています。実際は「バニラ」というラン科バニラ属の実の部分であり種子ではありません。 

Mobirise

Image Description

〇カラメルソース
2
グラニュー糖 を入れ、火をつけて溶かします。 


溶け出たら、ふたたびグラニュー糖を加え、火をつけて溶かします。  

【解説】
砂糖は1回に全て入れるのではなく、複数回に分けて入れます。こうすることによって、焦げすぎない綺麗なカラメルをつくることができます。

砂糖を加熱するとシロップ→キャラメル→アメ→カラメルと変化していき、温度によって性質が変わります。

一般的に美味しいカラメルは、180℃と言われてます。苦いほうが好きな場合は190℃がいいです。 

Mobirise

Image Description

3
少し温めたお水を溶けたグラニュー糖に入れ、色止めをします。
※冷たい水だと温度差が発生してしまい失敗してしまうことがあります。なので、分量の水を少し温めて、温めたものをカラメルに入れるようにします。こうすることによって、綺麗なカラメルの色をつけることができます。

4
バニラビーンズに浸した液を60℃まで温めます。 


〇アパレイユ
【解説】
アパレイユには、フランス語で「混ぜ合わせたもの」という意味があります。フランス料理において、卵やバター、小麦粉など数種類の食材を混ぜ合わせた生地をアパレイユと呼びます。たとえば、お菓子のタルト作りではタルト台に生地を流し入れてオーブンで焼きますが、この流し込む生地のことをアパレイユと呼ぶのです。また、お菓子だけでなく、料理で使う生地も同様にアパレイユと呼ばれます。 

Mobirise

Image Description

5
全卵2個,全卵の中に卵黄4つ分入れて泡立てないように「黄身を崩し、軽く混ぜるイメージ」 で溶きます。

6
分量分のグラニュー糖を卵を溶いたものに入れます。 

【解説】
グラニュー糖はクセのない淡白な甘さで、コーヒーや紅茶、お菓子、お料理と幅広く使われる砂糖で、上白糖より結晶が大きくサラサラしています。
上白糖に比べて焦げにくい特性を持つため、焼き菓子づくりに多く使われます。 

7
60℃に温めた牛乳の液を泡立てないように中に入れ、混ぜます。 

Mobirise

Image Description

8
3回濾します。

9
先程の液を泡が立たないようにカラメルに注ぎます。 

Mobirise

Image Description

10
プリンの生地が半分浸かるように水を入れます。

※湯煎のお湯を入れる前に火の通りを安定させるため、クッキングシートを敷きます。

11
オーブンで170℃.20分蒸し焼きにします。 
12
冷蔵庫で半日休ませます。 

Mobirise

Image Description

13
プリンの型にくり抜いたら、プリンの完成です!

Made with Mobirise website creator